課題別ケーススタディ

生産者の課題

前に戻る

経費の無駄をなくしたい

肥料や農薬散布の無駄、作業時間の短縮をしたいが、過去のデータは蓄積されていないし、
あっても整理する時間がない。

あっという間に生産履歴照会

アグリプランナーは、圃場ごと品種ごとに毎日わずかな時間の作業で何年でも栽培履歴を蓄積できるので、どこに肥料や農薬散布の無駄があるか、無駄な作業があるか一目で分かります。

耕作面積を増やしたい

耕作面積を増やしたくても、履歴の記帳などの事務作業が増えることが心配だ。

かんたん操作でデータ蓄積

作業日誌をOCRで読み取るだけで、データが蓄積されます。作業者一人一人にアグリポケットを持たせれば、作業指示の伝達が確実に出来、個々の作業者は計画を確認しながら、わずかな時間の簡単な操作で栽培履歴の登録が出来ます。たくさんの圃場情報も一人一人のかんたんな登録作業で情報の集約が出来ます。

効率的な栽培計画を立てたい

栽培計画を立てるために何を参考にしていいのか分からない。

記憶に頼らず、記録に頼ろう

アグリプランナーは、圃場ごと品種ごとに毎日わずかな時間の作業で何年も栽培履歴と生産履歴を蓄積し、効率的な栽培方法の検討に過去の生産「実績」を役立てることができます。

前に戻る

アグリコンパスへのお問い合わせはこちら

上へ戻る